ワキガ(わきが)や多汗症のメカニズム

わきが(ワキガ)はどのようにしておこるのでしょうか?

私たちの皮膚の表面には汗腺(汗を作る器官)があります。
汗腺にはエクリン汗腺アポクリン汗腺の2種類あります。

他にわきがの原因のひとつとされる「皮脂腺」があり、これらの汗腺類から分泌される分泌物が皮膚の常在菌によって分解され、ワキガ独特のにおいを発します。
汗腺からの分泌物と肌表面の細菌がわきがの正体です。

細菌といっても恐ろしいものではなく、肌を守るために一役担っている常在菌です。
また、汗腺類にもそれぞれ大切な役割があります。
問題はその働きや分布が人によって違うということ。
そして、長年にわたる生活習慣や親からの遺伝の影響を強く受けるということ。

ワキガ治療は単純に「清潔」を保てば改善されるものでありません。
根本的な治療が必要になってくるのです。

エクリン汗腺とは!
汗を分泌する器官で0.4mmほどのコイル状になっています。
エクリン汗腺からでる汗は99%が水。残りはわずかな塩分です。
この汗自体は無色透明でにおいはありません。
(ちなみに俗に言う「汗くさい」という場合は、ほとんどが衣類や皮膚などに常在する雑菌が汗(水分)と体温によって繁殖して臭いを発している状態のことです。)

エクリン汗腺の主な役割は体温調整です。
汗をかいてそれを蒸発させることで体温の上昇を防いでいるわけです。
また、緊張や興奮によって汗がでることがありますが、これもエクリン汗腺からの発汗です。
エクリン汗腺はストレスにも影響を受けると考えられています。
エクリン汗腺は全身にありますが、特に手のひらや足の裏に密集しています。

この働きが盛んだといわゆる「汗っかき」となり、顕著な場合は多汗症という状態になります。

アポクリン汗腺とは!
アポクリン汗腺はエクリン汗腺より皮膚の深いところにあり、4mmほどの大きさです。
その成分はほとんどが水のエクリン汗腺に対して、たんぱく質や脂肪、色素、蛍光物質からなり、若干の粘り気があるのが特徴です。
アポクリン汗腺からの発汗は少量で、脇や耳の中、陰部や乳首など身体の一部にのみ分布してストレスや緊張、また性的興奮によって発汗します。

アポクリン汗腺の役割はよくわかっていませんが、フェロモン分泌管としての働きが推測されています。

皮脂腺とは!
女性が気にしてやまない「お肌のトラブル」はこの皮脂腺と深く関わりがあります。
皮脂腺も体毛の毛穴にあり、主に脂肪分を分泌しています。
ここから出た脂肪分はエクリン汗と混合し、皮膚の表面に薄い膜を張って肌を保護しています。脂肪の分泌量が多いといわゆる「ベタついた肌」、少ないと「カサついた肌」となるわけです。
また、皮脂を糧とする雑菌が繁殖してしまうと吹き出物やニキビができます。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。